悪石島。

e0024944_1571694.jpg

へーえ? 前回は46年前の昭和38年やったんや。
次の年にデビューを控えた時期やったから、
ほとんど眼中に無かった。

まあ、今回は日本中が大騒ぎやったね。
こんな不安定な世の中、ちょっとでも夢に浸りたいもんな。

「悪石島」こんな島あったんやね。
あんまりええ島やから、
これ以上人が来んように怖い名前つけたんや
という説もあるらしい。

けどテントで一晩は辛かったやろ。結局空は晴れへんかった。

うちは家族が揃ってどっか行ったから、
家で一日映画観たり、音楽聴いたり、のんびりしてたら、

曇ってて薄暗かった窓の外が急に暗闇になった。

「あ、これやん皆既日食て」

まさに、一瞬にわかにかき曇り、てな感じ。
雰囲気だけでもいただいた。ソファに寝そべって、
映画の合間に、皆既日食よ。

得したみたい…
次回、生きてるかどうかわからんもん。

百歳の人おったね。船の上で見てた人。
素敵やなあ、あのおじいちゃん。

それにしても、月とか他の星とかは
かなり研究が進んでるけど
太陽って知らんことって多いよね。

太陽がくしゃみしたら、一瞬にしてオワリやろね。
寝てても起きてても、太陽のお陰で万物は生かされてる
わけや。

もうちょっと感謝せなあかんのかなあ、ねえ。
by teruhiko_saigo | 2009-07-24 15:16 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧