千龝楽。



三幕の五場の出を待つばかりの、楽屋。

色々ありました。

稽古の頃から体調下がり気味で、何だか不安定。
扁桃腺が著しく腫れ始めた頃から左の偏頭痛。
近くの耳鼻咽喉科に無理を言って薬を出していただき、

日をおいて別の耳鼻科で治療を受け、ほっと一息。
劇場〜食事…酒の毎日。

ある朝、鏡を見てびっくり。
左顔、おでこから、目の上、さらに頭のてっぺんまで、
蛇のように、発疹が…。
痛い、痛い。さわると、ゾクっと痛い。

その日から入院して、劇場に外出出勤の毎日。

4日前がピークか? 鏡を見て誰や?
病名は帯状疱疹。

ご心配かけました。もう大丈夫。
あと一場で終わります。

年内は療養に努めます。

こんな形で、メリークリスマスとは。
e0024944_1472869.jpg
e0024944_148514.jpg

by teruhiko_saigo | 2009-12-24 14:09 | 舞台のこと

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧