17歳。

e0024944_2355760.jpg

17歳は、17才の方がスッキリする。
63は、63歳の方がどっしりする。

二番目の娘の誕生日だ。高校二年生。人並みに将来の事やら人間関係やら、
迷い、悩んでいるらしい。

17才はボクがデビューした年だ。9月までに5枚のレコードが発売された。
何が何だか分からぬうちに「こっちへ行け、これ歌え」

眠る間も考える間もなく毎日が過ぎて行ったので、この頃の記憶はかなり曖昧だ。
大げさに言うのは嫌いだが、まあまあ壮絶な青春だった。

娘がスポーツ部のマネージャーをやると言い出したときは正直驚いた。
マネージャーをつける方じゃないかと思っていたし、その方面の稽古ごとも
していたからだ。

「そのうち音をあげるさ」

そんな家族の予想を裏切って、この炎天下、娘は毎日がんばっている。
もしかすると自分は人を世話する方じゃないか?そう目覚めたのかもしれない。

疲れ果てて帰宅し、ソファで眠りこけている姿は、まだまだ少女だが
そろそろ自分の人生を切り開いて欲しい。
マネージャーであろうと、芸事に打ち込もうと、悔いのないように。

おめでとう。いい誕生日だね。
by teruhiko_saigo | 2010-09-12 23:07 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧