残念やったけど

二時まで起きてて外出たんよ、しっかりと防寒したつもりやのにホントに寒かった。顔だけは包まれへんからね。長女も絶対起こしてねって張り切ってね。たたき起こして出て行ったんよ。近所の高台から空見渡せるから、カメラも準備してね。まず一個は見たね。ものすごく早い。けどその後が続かない。3時40分までがんばったんやけど、震えが来てね、も・・限界・・・寝袋持ち出して3個見たって報告してくれた人もいたけど、何や悪かったね。けどこんなんはあんまり腹立たへんね。夢やからね。ロマンでしょ?次は1月19日の”かみのけ座流星群”天候とか色んな条件が必要やけどまたきっと見上げてるやろね。えみりのまわりが騒がしいね。あの子は無防備やからね。こそこそせえへんのよ、けど暖かく見守ってあげてや、幸せになって欲しい気持ちは一緒やからね。
by teruhiko_saigo | 2006-01-04 18:37 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧