墓参り

今日は父の命日。12月14日は母の命日やったけど
仕事入ってたんで前日に墓参りしたんよ。
今日は25日の給料日やから道路混むやろ思て電車で行った。

乗り換え検索サービスで調べてね。便利なもんやね。
土浦にあるお墓まで2時間以上かかったけど電車もいいよね。
朝早かったからラッシュにぶつかって、えらい思いした。
けど、あのぎゅうぎゅう詰めの箱の中は静かなもん。
不自由な体勢で器用に本読んだり、細かくたたんだ新聞読んだり
みんな上手に時間を有効活用してるんやね。
この人達が日本経済を支えてるんやなと思たら頭下がるよね。

両親亡くなって3年。未だに守ってもらってる気がする。
今日もお墓で手を合わせながら、父母のどの時代の姿を
思い浮かべていいか、若い頃から・・年老いたつい3年前まで、
様々な2人が出たり入ったりするけど、最後の姿で止まるよね。

今でこそ交通が便利になって2時間で行けるけど、つい十何年前まで
父母は相模原から一泊どまりでお墓参りしてた。草むしりして
墓石を磨いて、暑い夏も寒い冬も。たわしとかスプーンとか手作りの
七つ道具を僕等引き継いだけど、二人には勝てそうもない。
冷たいバケツの水で雑巾をしぼりながら、ちょっと泣けてきた。

子供達もこんな風にやってくれるやろか心配にもなるけど
僕等かて、父母の背中を見て、
気がついたらやってたんやからね。
子供に見せる後ろ姿は気いつけなあかんね?

父と母・・きっと仲良うしてるやろね。

by teruhiko_saigo | 2006-01-25 19:03 | その他 エッセイ