ゲルマニウムの夫婦犯罪

e0024944_19145440.jpg

パスネット買って電車乗った。
渋谷でLeeさんと待ち合わせして上野広小路で降りて
アメ横を歩いた。面白いね。色んなもんあるんやね。
食品、雑貨、洋服、時計、化粧品、プラモデル、
モデルガンのとこでどうしても足が止まるね。
ワルサーTPH、クーガー8000G、ブローニングM1910、
何のこっちゃわからんでしょう。エアガンのこと。
買わへんけど、うっとり見とれてた。
e0024944_19174358.jpg

上野公園歩いて西郷隆盛さんと40年ぶりのご対面。
この銅像の除幕式、西郷夫人に「うちの人は
こげんな顔じゃなかった」と言わしめた西郷さん。
本物はどんな顔やったんやろね。
e0024944_19202295.jpg

この日の本来の目的はこの後。東京国立博物館の敷地内にある
「一角座」で上映中の”ゲルマニウムの夜”を観ること。
製作総指揮の荒戸源二郎さん「一角座は映画の作り手による観客の
ための映画館だ」この映画のために建てられた一角座は
六ヶ月以上のロングランを目指すという。なるほどね
思い切ったことやってくれる。”ゲルマニウムの夜”は、花村萬月の
芥川賞受賞作の映画化。暴力、エロ、死、顔をそむけるほどの非常識が
こうも淡々と描かれると理性の壁を見失いそうになる。
強烈な一撃で館内が明るくなってもしばし立ち上がることが
出来ん。考えさせるよ。「あなたは直視できるか?」
e0024944_1924327.gif

上野から下北沢へ、電車は速いし時間どおりやからええね。
本多劇場で”夫婦犯罪”を観劇。出演者は春風亭昇太君
片桐はいり君と娘のえみり。三人の個性をうまく引き出して
いいトーンが客席を包み込んでた。けど身内が出てるもんは
緊張するね。終演後、娘婿殿と食事する予定やったんやけど
仕事のスケジュールが変わって実現できず。残念やった。
帰りはタクシー。木村えみりさん送って、Leeさん送って
ほろ酔いで家路に。充実した一日やった。かな?
by teruhiko_saigo | 2006-02-09 19:53 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧