港区で異臭騒ぎ

e0024944_12575487.jpg

ビルの窓から”東京タワー”を眺めとった窓際族のKさん。
「傾いてる…」「絶対傾いてる…」とつぶやいた。

”東京タワー”通のKさんは、その凛としたたたずまいに魅了され、
文献を集め、新聞記事を切り抜くのを楽しみにしてた。

そして”東京タワーがおなら”という記事に目をとめた。
警備員が夜中巡回中に、タワー直下の地下から「ブブブーッ」と音がして、
タワーが身震いしたらしい。しかも「臭った」と言う。

スクラップから記事を探してみて、大正時代にSLを使った
地下鉄の実験路線があったことを知った。
芝公園あたりからタワー直下まで200mのトンネルが掘られてたらしい。

結局排煙がうまいこといかず、トンネルの大半は埋め戻されたけど
部分的に空洞のまま残されたところに、地下水に含まれるメタンガスが
溜まる可能性があると、ある教授が指摘していたことも知った。

Kさんの依頼を受けた某教授が動いた。
そして、タワーの4つある橋脚のうち南側の地下30mに
空洞と爆発の痕跡をみつけた。教授は「発生したメタンガスが
爆発し、南の脚部が持ち上がったようだ」と推測。

構造設計の専門家によると、タワーは北に2.3度傾いてた。
イタリアのピサの斜塔の傾斜は5.5度で、それより軽微やと言う。

教授は調査を夏までに終え、研究成果を学会で発表する。
論文には協力者としてKさんの名前も載る。
一躍会社の”ヒーロー”や。

「東京タワーかて体調の悪いときもある。それを見つけて
東京タワーに抱き続けた片思いの恋がやっとかなった気分です」
とKさん。

良かった良かったと、新聞の下を見たら、

「お断り 4月1日、エイプリルフール」
「本日の特報面の記事はすべてつくり話です」
……と東京新聞。

何じゃこりゃ。あぶないあぶない。
マジにブログにするとこやった。
第二タワーの建設が墨田区に決定したことを知った
第一タワー君の怒りのおならが爆発したんかな、と思たよ。
by teruhiko_saigo | 2006-04-03 13:05 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧