浩太郎でした

稽古を納めて初日を迎えたら作家、演出家は仕事を終える。「今日は観るよ」と前触れして客席に陣取る演出家もいれば、ある日隠密に観て楽屋を急襲する人もいる。まさか!昨日堤さんが観ていた。また反省点いろいろ。今日も突然作家の尾西さん、ご家族で観てくださった。「ブログ見つけましたよ、こうたろうのこう違いますよね」すごいだめだし!”浩太郎”が正解。失礼しました。これから訂正。稽古から初日を迎えて二回が二日続いた。やっと昼一回の今日、この上ないうれしさ。第一回目の山だろうね、今が疲れのピークだが徐々に体は慣れてゆく。全員が日々悩んで研究している。新旧取り混ぜた座組みだが老いも若きも研究している。

by teruhiko_saigo | 2005-08-09 00:16 | 舞台のこと