78

e0024944_18233853.jpg


織本順吉さん。わかばと光の祖父”高原栄造”役である。戦後開始されたNHK以来何と2000本のドラマに出演されているそうだ。火サス”佃次郎”シリーズに2回もご出演いただいた。確か長野ロケだったか、女性容疑者の過去を探ろうと生家を訪ねると畑の奥から容疑者の父である織本さんが麦わら帽をかぶって出てこられた。一緒にいた”ガマ刑事”六平直政君が「恐ろしい存在感ですね」とつぶやいた。俳優さんがメイクと衣装で立ってるんじゃない、もう何十年もこの家で暮らし、畑と関わっていたような”苔”のような織本さん。それ以来僕とガマは織本さんの信奉者となった。織本さんは那須に住んでおられる。ゴルフはシングル級、若い頃は470ヤードのホールで2オンし、イーグルを決めたそうだ。クラブはパーシモン。あの時代にゴルフ覚えた人は巧いしマナーがいい。もうひとつの趣味はパソコン。PCで何やるんですかと聞いたら、”株よ”今月はホテル住まいだからホテルの近くの寿司屋を溜まり場にして、魚をつまみに焼酎を飲んでご帰還。朝一番の株を見るのが最高の楽しみだそうだ。仕事に対する姿勢も遊びも若い。織本さんの歳になったとき、あんなに若くいられるだろうか?チアリーダーの子達に啓太が人気がある、と聞くと「俺の時代も終わったな」「妬いてるんですか?」「うん」だって。素敵な78歳。

by teruhiko_saigo | 2005-08-27 10:53 | 舞台のこと