よく寝たよ

「あーよく寝たな」と目覚めたのが11時、ブランチにパスタを蕎麦状態ですすり込み新聞を読んだ。ああハリケーンが痛ましい。アメリカの天気予報は高い確率で予報を出すが予報は早くても政府の動きが遅すぎる。数千人の犠牲者を出し、暴行や略奪が横行しているようだ。肝心の米軍がイラクに派遣中で自国民を守れないのは皮肉でしかないだろう。”一秒先を予知できない人間の限界”は”わかば”のナレーションだが予報を出し被害予想をも正確に捉えながらこれだけの犠牲者が出たとすれば最早人災と呼ばざるを得ない。もう3日以上経過している。♪ルイジアナママのニューオーリンズだ自衛隊だめか?

そんな苛立ちを感じながら、しまっておいた薄いピンクの台本を出して来た。
”LOVE×HOTEL”いよいよ来たか。明後日から稽古が始まる。”わかば”を真っ白にしてからと、決定稿の台本を今日まで開かなかった。三つの部屋のカップルが丹念に描かれている。何度も読み返した。今は何も浮かばない。現場に行って相手役と言葉を交わして初めて役がついてくる。でもまた何度も読む。何の脈絡もないけど
リチャードシュヴァイド著”ウナギのふしぎ”と交互に読む。ウナギは海で生まれ一年以上かけて川にたどりつき、時がくると生まれた海に帰るため数千キロの旅に出る。その旅の間、環境にあわせて変身を繰り返し、敵をかわしながら子供を作って一生を終えるそうだ。何と大河なドラマではないか”ラブホ”の秋彦はそれが当然のごとく妻を大事にし、家庭を守ってきた。そこに出現した若き女性。秋彦が武装するのは論理、道徳、それとも保身。立派に大河なドラマじゃないの。ウナギは長年の研究にもかかわらず養殖の状態では頑なに卵を産まないそうだ。何だろうねこの頑なさ。ウナギか秋彦か?

by teruhiko_saigo | 2005-09-03 22:23 | その他 エッセイ