えらいご無沙汰しまして。

e0024944_1291721.jpg
忙しい時ほど人の芝居観に行きたくなるんやろか?
台本3冊も抱えてあたふたしてるいうのにね。

明治座「エドの舞踏会」
歌舞伎座「助六」(市川団十郎)
新橋演舞場「わらしべ夫婦双六旅」
新歌舞伎座「元禄めおと合戦」
新国立劇場「SENPO」

石井ふく子さんの舞台演出はいつも男勝りの思い切りの良さと
感情の機微を掘り起こす細やかさの両面を感じさせる。

団十郎さんの助六はお人柄がにじみ出てさすがですな。


藤山直美さんはもう絶賛やね。
どんな本やろが、演出やろが
きちっとお客を納得させてくれる。

それにしてもびっくりしたんは新国立ですわ。
第二次世界大戦中、リトアニア領事代理として赴任した
杉原千畝(ちうね)がナチスに追われた避難民に
ビザを発行し6000人の命を救った実話なんよ。

この杉原に扮するのが何と吉川晃司さん。
…正直、こんなに素晴らしいとは思わんかった。

後半どんどん重くなって行く展開を、その苦悩を、力まず、たんたんと
表現する俳優としての吉川君、ばりばりの声楽家達に劣らず
実に表情豊かな歌声の歌手吉川君。いや、そのオーラに圧倒されましたわ。

「どてらい男」の舞台で共演した森奈みはるさんが妻の役。
さすが宝塚で鍛えた歌も踊りも抜群ですわ。
この人、妙に宝塚声で歌わないところがええね。

稽古中に愛華みれさんが体調不良で降板されたそう。
僕も経験あるけど、あれ、ほんまにつらいよ。
愛華さん…お早いお帰りを。

by teruhiko_saigo | 2008-04-21 12:29 | 舞台のこと