父と母…

今日は母の命日。そしてその42日後に父が逝った。
あれから六年。二人そろっての七回忌の法要を行った。

母の亡骸を家に連れて帰った時「早くお医者さんを呼びなさい
母さんはまだ生きているから…何してるんだ早く医者を」
何時間経っても父は譲らなかった。

その父が、四十九日も終わらぬうちに後を追うように…。
本当に仲睦まじかった二人…父は本望だったに違いない。

若い頃はずいぶんもてたらしい父…母がりんきして皿を
割った。父も子供達も座ってうつむいていた。台所中の
皿を投げ割った母が言った「さあ、祭りの準備せんとね」

親孝行…したい時に親は亡し。本当にそうだね。
未だ反省の日々…。
by teruhiko_saigo | 2008-12-14 23:34 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧