餅つきも鹿児島スタイルで。

e0024944_2345180.jpg

「芸名は鹿児島だから西郷でいいよな」デビュー前、事務所の社長に
言われて「いいんじゃないですか」と言うてはみたものの「ええっ西郷!」

小さいとき、大きくなったらどんな人になりたいか?「西郷さんみたいに
なりたい」先生は「よっしゃよっしゃ」と頭をなぜてくれた。
その西郷さんを名乗る?恐れ多くも西郷さんを?
西郷さん以上の事など出来るわけがないんやから、
せめて…西郷さんに恥をかかせない。それだけ誓って…この芸名をいただいた。
昭和37年や。家出して大阪へ向かったんは。

その何年か後に、きちっと高校を卒業した同級生が上京した。
鹿児島実業高校。岩切壽三郎少年…。
七転八倒の苦しみの末、会社を興し。今、錦江運輸グループの頂点にたつ。

今年もグループの餅つき大会に参加した。
午前10時から120kgの餅米をつきまくる。続くこと5時間!
きちっとついた餅はねばりがすごい。

TOTOの岡部さん山口さんは初参加。
「グループの結束凄いですな」
ここはまだ首切りはなし…厳しいけど頑張るグループ。

高速道路、ただにしよういう話しあったけど…
一般に開放したら渋滞だらけよ。
運送業のみ半年でもええ、ただにしてあげたら、
ものすごい功果あったと思うけどな…。

今年も、岩切愛妻の料理は最高やったです。

by teruhiko_saigo | 2008-12-29 00:00 | その他 エッセイ