カテゴリ:舞台のこと( 133 )

名古屋〜熊本〜鹿児島

「初蕾」最終章
名古屋、熊本公演を無事に終えた。

古いお付き合いの地元の皆様に一方ならぬお世話になった。
感謝の気持ちでいっぱいです。
e0024944_16183898.jpg

何じゃらほいの写真は新幹線。
一仕事終えてほっとしたから鹿児島行こ…ちゅうわけで。

特急”リレーつばめ”に乗り、新八代で乗り換えるのが、新幹線”つばめ”
あっと言う間もあればこそ、47分で鹿児島中央駅に到着。
昔の西駅が…家出して大阪に向かった西駅が…何とまあ美しいこと…
e0024944_16315841.jpg

桜島の降灰で口ん中ジャリジャリしながら、岩切、川田、内田氏と
宿命のゴルフ対決。薩輝会の定例会が主目的なんやけど、ついでの
ゴルフはお楽しみ。ちなみに今年のチャリティーコンペは、9月17日(金)に決定。


寒波の中、東京を出発して鹿児島に着いてみれば、
まぶしい色の桃の花が…春やね。
by teruhiko_saigo | 2010-02-28 16:49 | 舞台のこと

千穐楽、玉置宏さん…。

応援ありがとう。
短かったけど、中味の濃い公演やったです。
けど、さあ、そろそろ足並み揃ったかなと思たら楽日やからね。
たくさん観に来ていただいた。ほんとにありがとう。

玉置宏さんの訃報を聞いた。
夜の部の始まる前。

一瞬ぐらついた。

一時代が終わった。

日本の文化、歌謡曲を牽引してきたのは、まぎれも無く
玉置宏さんであった。

その中で、大先輩達がいて、御三家もいて。
きら星のごとく輝いては消えるスター歌手、
その、時々の司会をしながら、けっして偏る事無く、
自流をつらぬいたのが玉置宏さんだった。

ああ、歌謡曲、流行歌が、いよいよ終わるか…。
悲しい…。
by teruhiko_saigo | 2010-02-13 00:26 | 舞台のこと

いよいよ。

あと四回。明日と明後日の「初蕾」
好評、切符取れにくい…おおきに。

主演の京野ことみが、がんばる。

緞帳降りる寸前は「この一瞬のために」が伝わる瞬間。

先輩女優とおっさん等に支えられ、まさに力演。

色々写真あるけど、これが一番ええと思う。
稽古場…石井先生手作りのおにぎりセットをほおばることみ。

その後、名古屋、熊本行きまっせ。
e0024944_229311.jpg

by teruhiko_saigo | 2010-02-10 22:09 | 舞台のこと

中日パーティー。

わっしが突然言い出した。渋谷道玄坂「清香園」での初蕾焼き肉。
坂口良子様、歯医者治療のため途中退席、中田喜子様、来月出演の舞台稽古
(新橋演舞場”三婆”)の後出席。京野ことみ様、欠席。突然ではそうやわな。
中日の盛り上がりはこの写真で…。
e0024944_071919.jpg

そこで主役になるのはこちら…ふたり小太郎。
e0024944_084143.jpg
e0024944_09011.jpg

いきなりデカアップでごめんね。
ほなついでに我ら愛するこの少女はどうですえ?
e0024944_0111834.jpg

新派の大先輩、青柳喜伊子様
□モホルン□ンクルのコマーシャルお願いします。
きれいやもんね。
by teruhiko_saigo | 2010-02-10 00:26 | 舞台のこと

また誕生日?

もう63にもなるとね、誕生日とかどうでも良くて…
と言いながら、家族のバースデーカードに目頭熱くしたり…

舞台中の誕生日はけっこう珍しい。
三越劇場の猫の額ほどの溜まり場兼下手袖で、
突然呼ばれて”Happy Birthday To Me”
半分照れくさく、半分嬉しい男心。

たくさんのメールと、花、カード、バレンタインを兼ねた
チョコ。

ありがとう。
生きてきてよかった。

特別にいい事なんかなくていい。
面白くて、おかしくて、
そんな明日とか、あさってとかあれば…

ありがとう、
お互い、自分を大事にしようね。
by teruhiko_saigo | 2010-02-05 23:55 | 舞台のこと

初蕾。

「帯状疱疹の治療のために、いい器具買ったんですねえ」

ブログを見た人から言われて…。
ちゃうちゃう。あれはスタンド、デスクスタンド…もう、電気スタンドよ!
あれを顔にあてて治療してるわけやないです。

二月三日が初日の三越劇場公演「初蕾」昨日から通し稽古。
山本周五郎原作を橋田壽賀子さんが脚色された名作。
橋田さんの舞台のための脚本はこの作品のみという、貴重な舞台。

様々な登場人物がいるけど、
全編をとおして心なごましてくれるこのお二人。
e0024944_23585061.jpg

首藤勇星くんと渡邉葵くんが交代で7歳の小太郎少年を演じる。
演技者としてなかなかの力量を持つ二人、この舞台のいちおしです。

で、生まれたばかりの小太郎は、というと…。
e0024944_055045.jpg

何とまあ可愛い…。
泣き方、ぐずり方、たまらんええ芝居しまっせ。
お楽しみの特技は、舞台を観てもろて。

ご心配なく…元気に稽古に励んでおります。
by teruhiko_saigo | 2010-01-28 00:12 | 舞台のこと

千龝楽。



三幕の五場の出を待つばかりの、楽屋。

色々ありました。

稽古の頃から体調下がり気味で、何だか不安定。
扁桃腺が著しく腫れ始めた頃から左の偏頭痛。
近くの耳鼻咽喉科に無理を言って薬を出していただき、

日をおいて別の耳鼻科で治療を受け、ほっと一息。
劇場〜食事…酒の毎日。

ある朝、鏡を見てびっくり。
左顔、おでこから、目の上、さらに頭のてっぺんまで、
蛇のように、発疹が…。
痛い、痛い。さわると、ゾクっと痛い。

その日から入院して、劇場に外出出勤の毎日。

4日前がピークか? 鏡を見て誰や?
病名は帯状疱疹。

ご心配かけました。もう大丈夫。
あと一場で終わります。

年内は療養に努めます。

こんな形で、メリークリスマスとは。
e0024944_1472869.jpg
e0024944_148514.jpg

by teruhiko_saigo | 2009-12-24 14:09 | 舞台のこと

ご心配かけています。

舞台をご覧になった皆さんから、ご心配のご連絡をいただいてます。
顔の左半面が腫れているので、酒に酔うてこけたんやないか?とか、

そんな事は決してありません。

ちょっと体調を崩して、よたよたしてたけど、
もう大丈夫、快方に向かってます。

今は、あと三回の公演を無事に終わらせる事。
それのみにがんばっています。

千龝楽の幕が降りたら、その訳をお伝えしますよって
どうぞ、ご心配なく。
by teruhiko_saigo | 2009-12-22 17:20 | 舞台のこと

えっ!25も…

e0024944_728183.jpg

去る12日は梅雀さんの誕生日。
54歳でござる。カワイイ奥様とは25も離れてござる。

恐れいりました…でござる。

昼の部が終演し梅雀さんが楽屋に戻ると…
亡き内蔵助の音頭で”Happy Birthday”
そして暗転ののち、特製ケーキが登場。
e0024944_7381788.jpg

一気にローソクを吹き消した梅雀さん
47人の出演者、スタッフから贈られたiPod Touch 64GB にご満悦。
e0024944_7415713.jpg

常に前向きに皆を牽引する梅雀座長の誕生。

中日を過ぎた「最後の忠臣蔵」24日までですぞ。
by teruhiko_saigo | 2009-12-14 07:47 | 舞台のこと

最後の忠臣蔵。

e0024944_2283015.jpg

初日開きました。

2007年「忠臣蔵」に続いての、明治座「最後の忠臣蔵」
堀部安兵衛から三度目の大石内蔵助へ。

やっぱり舞台はいい。楽屋の通路に、舞台の板に、奈落に
役者の喜び悲しみが満ちている。

胸が詰まるような男の美学「忠臣蔵」
ご存知ものでも、なぜか心が引きしまる。

舞台前に泉岳寺に参拝。
何でもっと早く来なかった…。
by teruhiko_saigo | 2009-12-02 22:27 | 舞台のこと

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧