カテゴリ:コンサート情報( 48 )

二年ぶりに帰ってまいりました。

e0024944_16050119.jpg
久しぶりのBLOG、なんかドキドキ。
ライブのお知らせです。

コットンクラブ、東京丸の内。ライブの老舗ですかね。
初めてだけどすごく素敵なんだそうです。

ショースタートは、4:30PM と 7:00PM
ラフな感じで、デレーっとやれたらいいかなと。

秋の夜長、いい夜にしたいですね。
お暇じゃなくても来てよね…っと。


西郷輝彦 - live act.10 -
SAIGO TERUHIKO

2017. 10.18.wed
[1st.show] open 3:30pm / start 4:30pm
[2nd.show] open 6:00pm / start 7:00pm

MEMBER
西郷輝彦 (vo)
梶俊男 (key)
関淳二郎 (g)
多田文信 (b)
今泉正義 (ds)

CHARGE/料金
[全席指定] ¥10,000

※ 本公演はテーブル席 (ステージ前)が
ファンクラブ先行予約の席となります。
予めご了承下さい。









by teruhiko_saigo | 2017-09-27 16:26 | コンサート情報

再び旭川。

北海道でご縁があるとすれば富良野と旭川だ。いずれも人と人でご縁が出来た。富良野はいずれ特集を組みたいくらい物語が多いが、水曜ミステリー9「シロクマ園長命の事件簿」で訪れた旭山動物園は実に新鮮に感動した。小菅前園長さん、現、坂東園長さん、いずれも人にも動物にも限りなく心で接する人達だ。

当時、我々撮影隊と園を繋いで下さった市役所観光課の大西さんも旭川の有名人。その大西さんが転職された先が「ロワージルホテル旭川」大西さんとのご縁で、12月8日にディナーショーに出演する運びとなった。ああ、会いたい人の顔がうかぶ。

kirabossiの皆さんは会報に申込書が、

会員以外の方々は 
ロワジールホテル旭川 0120-48-8411
オーレ’エンターテインメント 03-5775-4600
e0024944_2233394.jpg

by teruhiko_saigo | 2013-10-10 22:03 | コンサート情報

暑中お見舞い申したく。

暑いな、と口に出すのも忌々しい熱さの中「暑いから来んでんよかよ」おふくろの声が聞こえて来そうな墓参り。しかし地球自体が沸騰し、水浸しになってるって、
これ大変な地球問題なんだよね。これに地震なんか重なったら一体どんなことになるか。

てなことを言いながら、5時になればプシュッと抜いてプハーッとのど越し、毎日同じ事の繰り返し。
1日の自分へのささやかなご褒美さ、なんてひとりごちながら「晩ご飯何?ワイン?焼酎?日本酒?どれが合う?」
ほれもう次の段取り。何はともあれ、この炎天下で仕事なさってる方々に敬意を表さずにはいられません。

9月の50周年コンサートは

9月14日(土) 相模女子大グリーンホール。14:30 18:00
9月16日(月) 鹿児島 城山観光ホテル。19:00
9月19日(木) 大宮ソニックシティ 13:30

大宮ソニックシティ。キャパで大きいので、苦戦しているようです。一人でも多くの方が
お出かけ下さいますようお願い致します。雨は私が防ぎますゆえ。

e0024944_13262586.jpg

by teruhiko_saigo | 2013-08-11 13:32 | コンサート情報

「燃えろ夜明けまで」

e0024944_1414664.jpg

来年2/15発売の新曲「燃えろ夜明けまで」ジャケットの写真が完成。トランペット吹いてる訳じゃないんだけど、その美しさに翻弄されました。15日(土)ホテルプラザオーサカディナーショー
18:00と21:00です。もちろん新曲初公開です。お楽しみに。
by teruhiko_saigo | 2012-12-14 01:47 | コンサート情報

美しい街金沢。

鹿児島から大阪を経て辿り着いた金沢。
いつ来ても美しい街だ。

早速旨いものをと街へ繰り出す。
今日、蟹が解禁と聞いたからだ。

いも焼酎をお湯で割って、黒じょかで出してくれるのも嬉しい。

小ぶり、かさご、のど黒に続いて、
メインの登場!「香箱」蟹の最高峰!
堪能しました!明日の公演は蟹パワーで。
e0024944_1037568.jpg

by teruhiko_saigo | 2011-11-08 09:41 | コンサート情報

夢のステージ…

e0024944_23511129.jpg

入念なリハーサルを重ねても、本番ギリギリまで決めかねるセットリスト。
「ちょっと待って、まだ決定しないで」
ステージ終了後のイベントも控えているので、終了時間を遅らせる事は出来ない。
「あそこの流れ、気になるなあ」
スタッフと、曲をあっちへやったりこっちへ動かしたり…
「よし、4曲カット」

出番まで2時間以上ある。広い控え室で一人。声出してみたり、音聴いてみたり。
食べようかな…いや、つっかえるのやだ。お煎餅とクッキーで我慢しよう。
友達が来る。話し込んでいる。心は上の空。頭の中を音が廻る。

ドラムのソロからイントロへ…二歩三歩リズムに絡んで歩くと、いつか客席と一体。
まだ、体のどこかに、ヴォーカリストが残ってるんだな。

LIVE ACT…回を重ねる毎に緊張と期待が膨らんで行く。
達成感と反省が交差する中で、もう次を思い描いている。
バンド、スタッフ、お客様。
この三セットなしには成り立たない、夢のステージ。

まずは、感謝の心…そして次回へ。
by teruhiko_saigo | 2010-08-23 00:01 | コンサート情報

大阪暮らし…

朝日放送の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」ラストはJR福島駅付近の飲屋街を走り回って初日が無事に終了、22時を回ってた。

天気予報によると、明日は100%雨。ええ!?100%の予報ってあるん?
よっぽど自信持ってるんやで。120%くらいの自信が、きっとあるんよ。

で、明日撮影休み。明後日コンサートやからね。こんな都合のええ事ある?
あんまり喜んだらスタッフに申し訳ないけど「うまいこといった!ほんま」
明日、目覚ましたら、ボイストレーニングやって、新幹線で名古屋に入る。
明日はゆっくり出来るやん。

改めて、大阪の雨さん、スタッフさん
お礼申し上げます。コンサート終えたら、撮影キッチリやりますよって。

調子に乗って起きてたらこんな時間や。ま、とにかく、まずはゆっくり寝よ。こんな時間起きてる人、おらんやろけど。おやすみやす。ほんなら。
by teruhiko_saigo | 2010-04-22 02:43 | コンサート情報

今年もあっと言う間やね。

e0024944_19105254.jpg

今年最後のクラブチッタLIVE,ACT5

終わってしまった。数日前のリハーサル風景。

12月が明治座「最後の忠臣蔵」やって、

2月三越劇場「初蕾」3月「華々しき一族」再演。

来年、いつやれるやろ?1月かな、言うてももうすぐやがな。

また、いやでも燃えてくるでしょ。大分定着してきたからね。

久しぶりによう寝たわ。起きてご飯食べてまたソファーでごろり。

「チャレンジド」まとめて見た。佐々木君さわやかでええね。

李さんのBLOG で紹介してもらったんで、一枚だけ日本フライ級チャンピオン

清水智信選手とのスパーリングのワンショットを見てね。

ボディに一発かましたったけど、そんなもん、何にもしてへんのに

ワンラウンドでぐろっきーよ。

ボクシングストレッチもええし、へたなジムよりよっぽどええよ。

それにしても、男やね。血が騒ぐ…いや、ほんま。
e0024944_191234100.jpg

by teruhiko_saigo | 2009-11-07 19:14 | コンサート情報

休みゃええのに。

e0024944_22322730.jpg

19日ヤクルトホール「T,Saigo Live Act Elvis Presley」素敵なミュージシャン達と。



タイガーウッズ、石川亮君が予選落ちして、終わったかに見えた全英オープン
久保谷選手ががんばって4オーバーでホールアウト。凄い事ですよ。
もちょっと報道して欲しいね。
さらに嬉しいのは59歳のトム・ワトソン驚異の復活。
プレーオフの末、息切れしたけど、ただただ立派。
はしゃぐ事無く、苛つく事もなく、勝負を楽しむトムに、目頭が熱くなった。
おじさんががんばってる姿、何と美しいことか。

昨夜2ステージ終わった後、プレーオフやれと言われたら
パタっと倒れたやろけど、62歳のおじさんもようやったよ。

な、訳で一夜明け、「全英オープン」「24」の溜め視(溜まったビデオを
まとめて視聴するの意)
”ジャック・バウワーは身内に敵が多過ぎる”とか”いつ飯食ってるんや
いつトイレ行ってるんや”とかブツブツ。考えたら”水戸黄門”かってそうやもんね。
これから”Dr.HOUSE”の溜め視するど。
by teruhiko_saigo | 2009-07-20 22:41 | コンサート情報

ELVIS

e0024944_2283736.jpg

行ってくれたんやね。
投票率上がったわ。

郵政選挙”賛成or反対”の構図が残る悲しき身内争い。
ついこの間大騒ぎしてみんなで総理大臣選んどいて
また顔だけ変える?有名知事までマスコミ参戦?

この国に納税している一人として、
あまりに虚しいこの現実。
政治家にも役人にも、与党にも野党にも、
求めるは,再びの”維新”か。

ELVISは…
黒人のR&B、白人のC&Wを融合させた。
人種として、音楽上の大きな壁を取り去った。

14歳でELVISを聴いた。
ジーパンをはくと不良だと言われた時代。
でも不良にならなくて済んだ。
ELVISへの憧れだ。ELVISという時代と出会えた。

ありがとうELVIS。 

様々な思いを胸に、明日は楽しみたい。
by teruhiko_saigo | 2009-07-18 22:15 | コンサート情報

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧