<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宇宙の中のたった一人の存在

e0024944_18302964.jpg

詩人、エッセイスト、画家の松永伍一さんは1930年福岡で出生された。
僕が日生劇場でリサイタルを開いた頃だからかれこれ35年来のお付き合いになる。

上梓される度に美しいお手紙付きで著書を贈って下さるので、
我が書斎には専用のコーナーがあるほど松永さんで充実している。

今回戴いた『人は言葉に癒され、言葉に励まされる』PHP研究所は、
最愛の奥様の介護のなかで書き始め、葬儀を終えた直後に脱稿されたとお手紙にあった。

「まずは深呼吸」から始まる”物事がうまくいかない時に”
”人間関係に悩んだ時に””自分に自信をなくした時に”
”家族のことで悩んだ時に””毎日がつまらなっくなった時に”
”人生に迷った時に”の六章から成る。これまでの百数十冊の著書の中から
抜粋された松永さんの人生語録である。
僕の好きな言葉をいくつか。

「悲しみは
 踏みつけられるうちに
 希望の芽を出す」

「真に絶望した者だけが、
 本当の希望を持てる」

「生きているー
 ただそれだけで尊いことです」

「悠然と空を見上げていると
 肩の荷が軽くなる」

「感動で涙ぐんだ回数だけ
 心の年輪ができる」

ふと心がつまった時、僕は再びこの本を開くだろう
誰にでもある生活の中の小さなほころびにつまづいた時に。
「身近なところに幸せは潜んでいる」そうだから。

五木寛之さんの『大河の一滴』が文庫化された時
松永さんの解説に痛く感動した。ご本人の許可を得たので掲載したい。


”「いまどこに居るか」と、おのれに問うてみると、まず「ここ」

と答えるしかない。元気であっても「ここ」、病んでいても「ここ」、

老いていても「ここ」である。そして、いのちあるものはすべて死ぬ。

死にそこねる人は一人もいない。だから、自分から死ななくてよいのだ。

絶望した「ここ」を見つめていて、

そこから希望が生まれてくればありがたいし、

苦しみがつづいていくとしても、それを希望の種子としよう。

宇宙は一つの色で塗りつぶされてはいない。白と黒があり、光と闇があり、

善と悪があり、苦と楽があり、生と死があり、健康と病いがあり、

男と女があり、天と地がある。すべてを相対的に見ていくと、

そのように造られた宇宙の構造を素直に認めたくなる。

それができれば楽になるだけでなく、他人が見え、自分がより鮮明に見え、

「宇宙のなかのたったひとりの存在」が限りなく尊く思えてくる。

五木さんの伝えたいのはそういうことだと私は思う。

まさしく「人は大河の一滴」の肯定である。 
by teruhiko_saigo | 2006-05-27 18:41 | ブックレビュー

”椿山課長の七日間”

e0024944_15541059.jpg

”鉄道員(ぽっぽや)””壬生義士伝”と、
浅田次郎さんの本を愛読してきたけど
これはまた実に絵になる本。並はずれた構成の巧みさにうなる。
笑いと涙の機関車をごっとんごっとん誘導し続ける浅田ワールドに
またしても脱帽。

天国行きのエレベーターを前にしたハゲでデブの中年男、
子分のために財形貯蓄する心優しきテキヤの親分、
本当の親を探したい少年。死んでも死にきれない三人が
特別の計らいで現世に舞い戻る。

死後の世界はある!と楽な気持ちになったり、
「反省ボタン」や「よみがえりキット」といった小道具が登場したり
浅田さんならではの手法で楽しませてくれるけど、
大きなテーマは「崩れかけた家族の絆」
本を閉じる頃、何だか心がもわーっと暖かくなる。
by teruhiko_saigo | 2006-05-22 15:58 | ブックレビュー

TANKA

e0024944_23553575.jpg

南風が吹いて、久しぶりの太陽を満喫してたら、
”一点にわかにかき曇り”もの凄い雨と風。びっくりしたね。

映画の大きなカメラの前に立つの久しぶり。
テレビドラマもええけど映画の現場はまた独特の雰囲気がある。
東映映画「TANKA」俵万智さんの原作「トリアングル」を
阿木燿子さんが初のメガフォン、とくると音楽は当然宇崎竜童さんやね。
阿木さんが演出する姿って想像つかへんかったけど現場行ったら
ちゃんと監督の顔になってた。多才よこの人。

僕の役は大学教師かちょい悪おやじ?
フリーライターの若い女性が立ち寄るバーに出没し、
いつも何やら詩的なことをほざいている。
SEXシーンが多いこの映画、今種明かしする訳にいかんけど
そんなシーンの出番要請はなかった…全く。

撮影は全面改装予定の東京駅ステーションホテル内のバー(いい感じ)
一日で2シーンを撮り上げた。なんやら物足りなさはあるけど、
映画の現場は好き。次はどっかりと浸り込む役やりたいね。
公開日は未定。決まったら知らせます。

明日の日曜日、全国的に晴れ模様。どっか行きたいね。
by teruhiko_saigo | 2006-05-20 23:56 | その他 エッセイ

母の日

e0024944_1727973.jpg

全国のお母さん達、今日は楽させてもろてる?
母の日でも、朝飯作らないかんて不公平やね。

キリスト教徒にとってカーネーションは「母と子」の
関係を象徴する、重要な意味を持つ花なんやて。
母性愛の象徴といわれるカーネーションは、
十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリアが落とした
涙のあとに生じた花、中央部の赤はキリストの身体から散った血の色。

「母の日」は1907年にアメリカの女性が母の命日に追悼式を開き、
母が好きやった白いカーネーションを捧げ、母を偲んで式の参加者に
一輪ずつ手渡したんが始まりと言われてるらしいね。
後にこれを知った百貨店経営者が「母の日」のイベントを企画して、
母の存命する者は赤いカーネーションを、母を亡くした者は
白いカーネーションを胸につけるようになった。と”こよみのページ”
にある。

「一輪胸につける」この方がなんかええよね。
それを花束にしたんは花屋さんか。これが、今やクリスマスやバレンタイン
よりも多い5000億円市場規模と言われているから驚きやね。
うまいこと考えたね。花屋さん。

ともあれ、全国のお母さん方ご苦労様。
益々元気で、益々逞しくなってよ……んもおー。
by teruhiko_saigo | 2006-05-14 17:29 | その他 エッセイ

ルー・ロウルズを偲んで

e0024944_16911100.jpg

Lou Rawls ルー・ロウルズの死去を知った。
正直、今頃知った。

経堂の”太田尻”で流れて「わあーやっぱしええなあ」と感動した。
早速"ハスキーレコード"に注文、やっとCD "In The Heart"と
アナログLP "Let Me Good To You" を手に入れたとこで訃報。

肺がんのためにロスアンジェルスの病院。72歳で、とある。
7歳でゴスペルデビュー、ジャズ、ソウルからポップスまでこなす
見事な歌唱でグラミー賞を三度も受賞。メイルヴォーカリストのカリスマ
やった。

フランクシナトラ、サミーデイヴィスjr、ディーンマーティン亡き今、
トニーベネット、トムジョーンズ、エンゲルベルトフンパーディンク健在。
次代を担うエンターテイナーは、ハリーコニックjr、マイケルブーブレが続くか?
うーん、やや線が細い。

ルー・ロウルズ……ああ惜しい惜しいと言うても、72歳。立派やないですか。
嫉妬させるほどの渋い声と、粋な節回しでヴォーカリストの王道を極めた。
ルー・ロウルズ。”Here's That Rainy Day" 57歳の歌声を聴きながら、
こぬか雨の窓に杯……冥福を祈りつつ。
by teruhiko_saigo | 2006-05-13 16:13 | 音楽のこと

そんなこんなで。

えらいご無沙汰いたしまして。
ご心配いただいたんやないかと気にしております。
本人至って元気で、あっちこっちでなんやかや、
突如、仕事モードに切り替えてがんばっております。
9月10月の舞台のキャンペーンに、え?ドラマ、え?バラエティー、え?映画出演、等。
それこそバラエティーにとんだ毎日を絶え絶えに生きておるのであります。
けど、そのわりには元気。やる気まんまんはまんまです。

ええ陽気になりました。前向きにがんばりまひょ!ね。


e0024944_282289.jpg

by teruhiko_saigo | 2006-05-07 02:10 | その他 エッセイ

西郷輝彦本人による徒然日記


by teruhiko_saigo
プロフィールを見る
画像一覧