明日の幸福って…

「何なんだろうね。あの色香、身のこなし」「先天的なものなんですかね?」

赤坂のとある稽古場で、水谷八重子さんと西郷輝彦が、バケットサンドを頬ばりながらダベっている。

「いくつになられたの?」「歳は忘れたっておっしゃってましたね」

二人の目線の先に、稽古浴衣をさらりと着こなし髪をアップに結い上げた涼しいお顔の若尾文子さま。

八月八日に日本橋三越劇場で初日を迎える「明日の幸福」の稽古場風景である。

「石井先生も凄いわよね」「そうですね。同じ稽古場でもう一本違う稽古するんですからね」

11時〜14時「明日の幸福」15時〜18時「初蕾」そう、石井先生二本掛け持ち。

「テレビドラマも録ってるのよ」「三本!」「石井先生も歳忘れたっておっしゃってましたけど」

「元気じゃなきゃだめよね」「おっしゃるとおり」

八重子さまと輝彦は、若尾さんと田中健夫婦の、親を演るのである。親である。乞うご期待かな。

by teruhiko_saigo | 2012-07-23 17:10 | 舞台のこと